医学部の予備校の規模

医学部予備校の規模は様々

医学部予備校でも通常の予備校や進学塾と同様に「個別指導」や「少人数クラス」、そして学校のクラスのような「通常授業型」の3タイプあります。しかし通常授業型を取り入れている医学部の予備校でも、1クラスの人数は20名程度と大手の予備校の授業と比べれば少人数になるように生徒の人数設定がされています。さらに個別指導型の予備校に限らず少人数制の予備校も、通常授業型の予備校も、医学部予備校ならではの個別フォローが付いています。担当講師による勉強の理解度の把握の他にも、自習時の一対一の指導を受けられるなど手厚い学習支援が受けられるのが特徴です。

医学部予備校も規模は様々で、通常の予備校や塾を選ぶように生徒の性格や学習の進度・理解度とあわせて、力を付けられる教室を見つけることが重要です。医学部予備校は通常の予備校よりも組織としての規模が小さく、担当をしてくれる講師がいつでもいるとは限りません。講師が指導してくれる時間を最大限に有効活用できる指導タイプの教室を見極めてみてください。医学部予備校は個別のマンツーマン指導から大人数の授業スタイルの指導まで、幅のある規模で医学部受験の合格をサポートしてくれるのです。

医学部予備校は少人数が基本

医学部予備校は通常の学校のような授業を行うクラスの場合でも20名程度の比較的少人数制です。他の個別指導型や10名以下程度の少人数クラスを含めて、医学部予備校の特徴はこの少人数制にあります。大学受験では最難関とも言われる医学部の受験は、膨大な知識や対策が必要になります。理解度を深めるには、またついていけずに置いてきぼりになっている生徒がいないように講師が指導していくためには、医学部予備校は少人数制であることが必須となります。授業やクラスの規模がどの程度の人数だったとしても、医学部予備校は生徒一人ひとりに寄り添ったカリキュラムを用意してくれるため、少人数が基本となるのです。

また医学部予備校は学習の面だけでなく、試験に向けた体調管理や不安の解消に努めてくれます。生徒が万全の状態で試験に臨めるように、しっかりとフォローするためにも医学部予備校は少人数であることを基本としています。クラスのみでなく、予備校自体が生徒の受け入れ人数を少数に留めている場合もあり、そういった教室は希望しても通うことができない可能性もあります。医学部予備校に通う、通わせると決めた際には迅速に問い合わせや教室の見学、相談を行うのが良いでしょう。

推薦入試は特徴ある選抜方式を採用する大学が多い中、医学部の推薦入試も例外ではなく、しっかりとした対策が必要です。